本文へスキップ

渡辺司法書士事務所‐公式HP|埼玉県行田市_相続登記(名義変更)

TEL. 048-564-6055

埼玉県行田市忍1-5-10カルタックマンション104

相続登記(名義変更) 

「所有者不明」にならないために  

不動産(土地・建物)の相続の手続について

お早目の手続きをおすすめします。
相続税の申告が必要な場合には、相続開始を知ったときから10ヶ⽉以内の期限がありますが、不動産登記についてはいまのところ期限はありません。(※相続登記の義務化等を定めた改正法が2021年4月に成立しており、2024年までに施行されます。)しかし、売却する場合などは相続登記を済ませることが必要です。時期が遅れると、相続⼈が増えて協議がまとまりにくくなるなどの不都合が生じる場合もありますので、早めの着⼿をおすすめします。

有効な遺⾔があれば、相続は遺⾔に従って⾏われます。
被相続⼈(亡くなった⽅)が遺⾔をされていた場合には、遺⾔に基いて相続が⾏われます。遺⾔書は公正証書に限らず、⾃筆でも、⺠法の規定を満たす有効なものであれば法律上の遺⾔と扱われます。ただし、⾃筆証書遺⾔の場合には、家庭裁判所で「検認」の⼿続きを済ませることが必要です。

遺⾔がない場合、遺産は、いったんは法定相続⼈全員の共有になります。
たとえば、被相続⼈に配偶者と⼦がある場合、配偶者と⼦供全員が法定相続⼈となります。また、各法定相続⼈の相続割合(「法定相続分」)は、「配偶者が2分の1+残り2分の1を⼦が均等の割合」などと⺠法で定められています。
※より詳しくはこちらのページを【法定相続人について】
※遺⾔がある場合でも、内容によっては、全部または⼀部の相続財産は、法定相続⼈全員の共有になります。

遺⾔がない場合、「どの相続財産を、誰が相続するか」は、法定相続⼈全員の話し合い(遺産分割協議)で決めます。
法定相続⼈による、遺産の分け⽅についての話し合いを「遺産分割協議」、話し合いの結果をまとめた⽂書を「遺産分割協議書」といいます。不動産の相続登記に際しては、遺産分割協議書には法定相続⼈全員の署名と実印を押印し、印鑑証明書も添付する取り扱いがなされています。法定相続⼈全員が合意すれば、法定相続分と異なる割合での遺産分割も⾏うことができます。
なお、話し合いがまとまらない場合には、家庭裁判所に遺産分割の調停を申⽴てる⽅法もあります。(但し、裁判所では、法定相続分を尊重した分割を⾏うことが原則となります。)


※相続税については、税理⼠または税務署にご相談ください。

現⾏の法律(2020年1⽉1⽇現在)では、平成26(2014)年12⽉31⽇までに発生した相続については、相続財産の総額が「5000万円+(1000万円×法定相続⼈の数)」以下、平成27(2015)年1⽉1⽇以後に発生した相続については、相続財産の総額が「3000万円+(600万円×法定相続⼈の数)」以下なら、相続税は⾮課税で申告も不要です。ただし、税務上対象となる相続財産の範囲や相続財産の評価⽅法などについては多くの通達等に基いて詳細に定められていますので、ご不安な場合には、税理⼠や管轄の税務署にご相談ください。 国税庁のWebサイトには、相続税について解説なども掲載されています。


     

相続登記のご相談は渡辺司法書⼠事務所へ

初回ご相談は無料です

相続登記の初回ご相談は無料です。お電話でご予約をお願いいたします。

⼀般的な必要書類費用の⽬安も当サイトでご案内しております。メニューから各ページをご覧ください。


バナースペース

渡辺司法書士事務所

〒361-0077
埼玉県行田市忍1-5-10
カルタックマンション104
(行田市商工センター裏)

TEL 048-564-6055
休日・時間外050-5243-1630

埼玉司法書士会会員
司法書士 渡邉昭孝